私的年金メリット

住宅ローンを上手に活用することで、自己負担を少なくしマンションオーナーになることができます。ローンの返済は家賃収入でカバーすることができるので、家計を圧迫することなくマンション経営ができます。ローン完済後は家賃収入の全てが収入となるので、私的年金としてのメリットが高いことが分ると思います。

生命保険・郵便局・農協・損害保険会社・銀行の確定年金(ペーパー資金)

  1. 保険料は税引後の給料から負担するのが一般的
  2. インフレになったら受取額が目減りする場合あり
  3. 保険会社が破綻や予定利率の引き下げで受け取り額が目減りする可能性あり
  4. 10年で年金支給も修了

マンション年金(実物資産)

  1. 家賃収入をローン返済に当てられる
  2. 現物資産なのでインフレになれば家賃収入ならびに物件評価額は連動すると考えられるので、インフレ対策になりうる
  3. 不動産は国が登記保全する財産なので、場所と物件がよければ長期安定的に家賃収入が期待できる
  4. 10年、20年と家賃をいくらとっても年金原資はマンションそのものなので、現金のように原資ゼロにはならない
  5. 死亡したらローンのないマンションを家族を遺せるので、家賃収入が物価に連動する生命保険と年金がわりとなる

現行の年金制度に保証はない

現行の年金制度は自ら納めたお金を将来受取るのではなく、現在の現役世代が納めたお金を、現在の高齢者に支給する仕組みです。日本では出生率2人以下が長く続き、2015年には人口の4人に1人が高齢者であるのに対し、2025年には2人に1人が65歳以上の高齢者になると予想されています。このような事態を考えると、年金制度が危うい状況であることが想像できると思います。