資産運用メリット

低金利時代に適した資産運用方法

バブルの崩壊によってマンション価値そのものも当時から比べたら大幅に低下しています。
ですが家賃相場は変わらず安定していることから、マンション経営は表面利回り4%・5%程度高い利回り実現が期待できます。

マンション経営は高利回りな金融商品

投資では利回りが最も重要視されるポイントです。
低金利の現代だからこそ、金融商品で利回りが1%を超えるものを見つけるのはとても大変です。
しかも相当なリスクも同時に発生します。
ですがワンルームマンションの投資なら、物件が良ければ小さなリスクで大きなリターンも期待できます。

「利回りの高さ + 安心感」が大きなメリット

近頃の築浅新築マンションは都心部の駅前にあるというが好立地な物件が多いです。
当然入居者もつきやすく、空室リスクが低くなります。
しかも都心部では不動産価値の下落傾向にも歯止めがかかっていて、資産価値もある程度先読みできるようになっています。

現状の利回り比率